地域情報マッピングシステム

「地域情報マッピングシステム」は、ITを利用して、職員様の災害時の初動対応をより迅速に、且つ効率的に対応できるように支援致します。

また、平時では区民の防災意識への啓発をITで支援致します。

地域情報マッピングシステムイメージ

TOP画面イメージ

「地域情報マッピングシステム」の特長

共通機能

機能

特徴

お知らせ

ユーザーへの告知

アップロード

シェープファイル、EXCEL、CSV、TXT

テーマ切り替え

表示する防災情報のテーマを切り替えが可能です。

レイヤ表示

レイヤをポイント、ライン、ポリゴン形式での表示が可能です。

レイヤ表示/非表示

レイヤの表示/非表示の切り替えが可能です。

移動

地図を上下左右のボタン及びマウスで地図をドラッグ&スクロールで移動が可能です。

縮尺

現在の縮尺を表示し、縮尺を選択することで地図の倍率の変更が可能です。

吹き出し

任意のポイントに吹き出しを表示し、画像、テキスト、詳細情報へのリンク表示が可能です。

リンク

登録された地図をメールなどで案内できるようにURLを生成致します。

印刷

現在表示されている範囲の地図を印刷が可能です。

マルチデバイス対応

スマートフォンやタブレットなどでの閲覧が可能です。

多言語対応(オプション)

基本表示については5言語対応。
ただし、Googlemapsについては日本語、英語のみとなります。

管理機能

機能

特徴

ユーザー管理

管理システムにログインするユーザーの管理を行います。
ログインアカウントの追加・変更・削除が可能。

データ編集

レイヤのフィールド、属性情報の編集が可能です。

データ削除

テーマ・レイヤの削除が可能です。

位置修正

地図上でポイント、ライン、ポリゴンの位置修正・追加・削除が可能です。

凡例設定

ポリゴンタイプのレイヤは、凡例設定が可能です。

公開設定

テーマ・レイヤごとに、公開・非公開・災害時公開の設定が可能です。

縮尺制限

テーマごとに縮尺の上限と下限の設定が可能です。

ファイルアップロード

Excelファイル、CSV、シェープファイルのアップロードが可能です。

アイコン登録

地図上に表示するアイコンの新規登録が可能です。

エクスポート

ポイントタイプのレイヤのcsvエクスポートが可能です。

被害情報登録

災害時に現地での被害状況をスマートフォンで撮影し、アップロードすることによって地図上に表示されます。

ストリートビューの表示/非表示

ストリートビューの表示/非表示の設定が可能です。

災害モード設定

緊急時災害モードのオン/オフ設定が可能です。

システム構築・運用に関するご依頼、パッケージ製品の資料請求など、お気軽にお問い合わせください。